So-net無料ブログ作成
検索選択

ちょっとブレイク [展示会観覧]

緑地公園のシェアスペースfloatの
オーナさん主催の「はこモノ」の搬入が済み、
教室日を二日こなし、
午後の展示会の留守番を頼まれた日。
空いた午前中の数時間に万博記念公園内
国立民族学博物館へ会期前から楽しみだった
「ビーズ つなぐ かざる みせる」展に
行きました

おりしも桜まっさかり!
展示会の後、時間があればお花見もしようと
思っていろいろ準備。

ワクワク感いっぱい☆
17-4-13①so.jpg

博物館前の大看板前
17-4-13②so.jpg

ビーズとはいったい何なのかから始まり、
(穴の開いた物体をビーズと言うなら
≪そろばん≫の玉はビーズと呼べるのか?)
どうして人はビーズを身に着けるのか、
などと深く掘り下げ、
個人のコレクションや、もちろん博物館の所蔵品が
数多く並んでいます。

最後には体験コーナがあり、タカラガイに
穴をあける体験や、穴を開けたタカラガイと
ジュズダマとプラスティックビーズを通すコーナや、
ビーズの花を作って壁に飾っていくコーナーなども
あります。

(r[◎]<)パチリ☆
ビーズを針金に通して作られたアリと記念写真。
17-4-13④so.jpg
前にあるのはビーズ通し体験のもの。
糸かテグスかワイヤーかのいずれか1本と
タカラガイとジュズダマ、
プラスティックビーズをそれぞれ1粒
合計3粒(!)通します。

アリ「どこから来たの?僕アフリカ。」
犬「僕は近くです。京都生まれで大阪に住んでます。」
17-4-13③so.jpg
・・・みたいな感じ?


17-4-13⑤so.jpg
アクセサリー作家ですからね。
ちゃんと腰を落ち着けてストラップに作りました。

会期は 6月6日(火)まで。
開館時間: 10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日: 水曜日(ただし、期間中5月3日(水・祝)は開館)

私にとってはものすごく目新しい発見が
あったわけではないのですが、
道具も揃わない古代からヒトには創作に対する
情熱や意欲、飽くなき探求心があったことや、

モノに何らかの「力」を感じる精神や、
美しいものへのあこがれや、
富の象徴、蓄財・・・と、いろんなものが
一粒に詰まっているのだなあ、と感じました。

nice!(77)  コメント(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート