So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

ある日の行動 [雑記]

仕事が切羽詰まってくると、息抜きにしたくなるのが
「掃除」。

ええ。逃避ですね。多分。

仕事のものが入っている引き出しの中をガサゴソしていたら、
昔、友人からもらった「穴なしのガラス粒」を発見。

ポリのチャック袋が経年劣化で、色分けされていたはずの
ガラス粒がまぜこぜに!
18-10_NHB1.jpg

卓上ルーペ(最近購入した)を覗きながら
ピンセットで一粒一粒色分けし、

シリコン袋に1色ずつパッキング!
18-10_NHB2.jpg
達成感満載!!

… 殆どビョウキですね(笑)

nice!(4)  コメント(3) 
共通テーマ:アート

希硫酸を交換しました。 [雑記]

金や銀をロウ付け(接合)する時「フラックス」という
酸化膜 防止剤を使います。

純金や純銀を 硬いK18や、950silverにする時に
「わりがね」(混ぜる金属)として「銅」も入るので・・・

(銅で出来ている 新品の10円玉はピカピカしていますが、
すぐに黒っぽく変色しますね?あれがまあ、いわゆる
「酸化膜」です。銅合金は酸化膜が張りやすく、
酸化膜が張ると、金属と金属はくっつきません。)

・・・ロウ付けする時は「酸化膜」を張らないように
する必要があるのです。

その時に使うのが「フラックス」なんですけれど。

フラックスは熱を加えるとガラス状に固まる性質があり、
(元々はガラスの成分でもありますから)
それを溶かすために「希硫酸」を使います。

[希釈した硫酸] です。

私が彫金を始めた頃、もうすでに硫酸は「劇物」として
ハンコなしでは買えず、私が自宅で創作をする時に
師匠から希硫酸を分けてもらいました。

その師匠から分けてもらった時の容器がこれです。
18-10_MMB.jpg
ミニッツメイドの瓶!!

スクリューキャップ!!
18-10_MM-futa.jpg

今は紙パックに入っているミニッツメイド。
昔は瓶に入っていました(古。昭和時代。)

薄めているとはいえ「酸」ですから、
「ガラスの瓶、もっておいでや」と言われて
持って行った500ml弱のボトル。
半分ほど分けてもらって、その半分をずっと大切に
使っていましたが、今回の交換で終了となりました。

次回交換時は…合成の、というか彫金工具店で
販売されている薬剤を使う事に…なるでしょうね。

nice!(57)  コメント(8) 
共通テーマ:アート

ある日の制作品 [制作]

元々はある石の枠の装飾用に使う目的で作った、
銀の丸線で撚線(よりせん、と読みます。
18-10_BB3.jpg
銀の棒状のものを2本以上撚り合わせたものです)

・・・を作ってみたら、ブラックライトに反応する
大玉のベネチアンビーズの穴にぴったりとネジのように
入ります。

(r[◎]<)パチリ☆
これが大玉ベネチアンビーズ。
18-10_BB1.jpg
ブラックライトに反応します。
18-10_BB2.jpg

「皿」と呼ばれる凹んだ円盤状の金具を撚線の
根元部分にロウ付けして
18-10_BB4.jpg

ペンダントトップに作りました。
18-10_BB5.jpg


nice!(68) 
共通テーマ:アート

ランチタイムに乗り遅れて [禁断の(?)食べ物ネタ]

某日。神戸・三宮にガラス作家さんの個展を見たくて
出掛けました。

早く出るつもりが出遅れて、目的地到着が11時過ぎ。

展示会に行ったものの、そして去年も最終日に
観覧したし、ファンではあるが、知人でもないので、
どなたかと話しておられる作家さんには声をかける
ことは出来ず。会釈をしてギャラリーを後にしました。

時間的にも空腹になり、目指すお店に行くも長蛇の列。
どうするか様子を見ようと思ったところで開店時間に。
しかし、待っていた全員が入店するとお店が満杯に。

近場の目ぼしいお店を覗いても、どこも同じ状態。
そりゃあそうである。土曜日のランチタイムだもの。

仕方なく、次に天王寺に行く予定だったので、
そこまで動けばランチタイムのヤマも過ぎて、
どこかには入店できるだろう、と考えて三宮から
移動開始しました。

その途中でふと、ブロガーさんの記事で見て、
先日から行ってみたいと頭の片隅に入れていた、
天王寺近くの手打ち蕎麦店「四天王寺 はやうち」さんを
思い出し、向かってみることに。
18-9_SobaH4.jpg

しかし、土曜はそんなに甘くない。

13時40分。店頭に到着するも、数組の順番待ちの
お客さまが。しかし、この時間でも列をなしている
ということは、どこも混雑しているのは明白なので、
ここはじっくり待つことにしました。

(r[◎]<)パチリ☆
店頭の可愛いお地蔵さん??
18-9_SobaH1.jpg
店内からの排気口の下にいて
蕎麦粉だらけなのがお気の毒。

ウェイティングリストに名前を書くと、スタッフの方に
注文を聞かれて、写真を撮りながら待つこと35分、
14時20分入店(ああやっと)。

オーダーしたのは「天そばせいろ(田舎)」。
18-9_SobaH5.jpg

本当は一品&冷酒とか、頼んでみたいところだけれど、
まだ待っている方もいらっしゃるし、混雑した中では
そんな気分にもならないので、お蕎麦のみ。

≪田舎≫でしたけれど、細くてきれいなお蕎麦でした。
半分をお塩で食べ、半分は 蕎麦猪口に≪ワンフィンガー≫
入ったそばつゆでいただきました。

(ちゃんとそばつゆの追加分も片口に入れてお蕎麦と
一緒に供されます。関西の方、ご心配なく。)

濃い出汁と醤油味の強いそばつゆでした。
(食後にタイミングよく蕎麦湯を下さいます。)

平日の昼時間に今度は冷酒と酒の肴とせいろ一枚、
というようなオーダーしてみたいです♪

(そんな「大人蕎麦」は未経験だし、それだけ
食べられるかどうかわかりませんけれど。)

さあ。そんな日が来るように今日も頑張りますよー☆

nice!(66)  コメント(20) 
共通テーマ:アート

続・アンバーのネックレスリフォーム [制作]

続きです。

琥珀というと、年配の方のアクセサリーという
印象を持たれている方が多いような気がするので、

年齢不詳に、というか、10代の方から80代の
方にでも使っていただけるように持って行きたくて

足すビーズにも色々試行錯誤して暫く悩みました。

最終的に、少しキラキラさせたくて、琥珀に似た色の
スワロフスキービーズの「大」「小」、
ブラウン系のマーブルベネチアンビーズ、

天然素材として、
黒のウッドビーズと、水牛の角のビーズと、
琥珀ビーズを使いました。

左右対称過ぎないけれど、首にかけた時に、
一番下になるところを大きなビーズで重たくして
重さのバランスにも気を付けました。
18-8-Ms.DAnbNCso.jpg

納品時に撮影させていただきました。
18-10_D-Anber1.jpg

金属から作る仕事ももちろん楽しいのですが、
こういう順列組み合わせするのも、久しぶりに
楽しい仕事でした。

nice!(74)  コメント(20) 
共通テーマ:アート
前の5件 | -